Park online exhibition 2020,5,21(Thu) – 2020,6,4(Thu)

00

__ito__ / Lump / MILIS CRANN
Online Exhibition

会期 : 05.21(木)12:00 – 06.04(木)12:00
会場 : https://thisispark.jp/exhibition/ito_lump_miliscrann


今、世界中で抱えている有事に
みなさんはどのような日々を過ごしていらっしゃいますか?

出口の見えないような今、どう生きていくか。
暮らし方そのものを見つめ直す方々も多いかもしれません。
今ある暮らしのありがたさに、改めて気づく方もいらっしゃるかもしれません。

暮らし方、暮らす場所、誰かと、あるいはひとりで、暮らすということ。
状況は人によってそれぞれですが、”自分”という存在の感覚を認識できるのは、自分だけ。
それはどんな人にも共通して与えられたもの。

「自分」
嫌という程知っている。
知っているようで、結構知らない存在。
意識するほどに、色々な捉え方がありそうです。

この先また何かが起きたとして、どんな時でもたったひとりの「自分」を大切にできるように。
形は違えど、思いを同じくして制作されるものがあります。

自分のあり方を支え、勇気付け、後押ししてくれるようなもの。
身に纏う、アクセサリー、香り、衣服。
5月21日(木)より、3人の作家による展示を開催いたします。


– 


__ito__(イト) / Rio Kadoi

糸のように、纏う人の感受性や新しい世界と繋ぎますように。
柔らかな感性で、デザインから編む、縫う、染める、刺繍を施す…
全ての工程をデザイナーrio kadoiがひとつひとつ大切に手がけています。
心地よさを携えながら、ありのままの自分に帰れるよう。
「余白」を残したもの作りは、纏うことで完結するのではなく、自分らしさを添えるために。
あなたしか着ることのできない、一着へ。
過ぎ行く時間とともに、自分を大切に纏う服。
Lump(ランプ) / Keiko Kawakatsu

自然界にあるもの、目に見えるもの、見えないもの。意識的に感じ取るもの。無意識に寄り添うもの。
光、木々の揺らめき、清流や風の音、雨水の滴り・・・
イメージの中に、目の前の現実に存在する美しさ、強さを装身具に型取り、身に纏います。
それは自分らしくあるためのお守りのような、呼吸するように自然と手に取る体の一部のような存在。
身に着ける女性の内側から溢れる美しさを引き出してくれそうです。

MILIS CRANN(ミリッシュクラン) / Yuuri Imai

古くから人々は、植物とともに暮らしてきました。
私たちは植物を意識し、癒され、無意識のうちにエネルギーを得ています。
けれど都会で暮らしたり、忙しい日々に追われたり。
知らず知らずのうちに、遠ざかってしまうこともあるのではないでしょうか。
自然の中で生まれる植物からのメッセージを受け取り、香りに変えて伝えてくれる人、milis crann 。
ただそこにある植物の、強さ、柔らかさ、包容力。
純粋な力が、私たちを満たしてくれそうです。

 

2020-05-20 | Posted in Information