「そして、その先」展 熊本編

私は、普段あまり本を読みません。
読んだほうがいいんですが
つい、雑誌なんかを手にとってしまう
だからでしょうか
「言葉」で表現することが
あまり得意ではなく
言いたいことが
うまく伝えられないことも多い
誤解されることもあるでしょうし
「物を知らない」と
昔からよく言われたものです

「そして、その先」展
アクセサリーという「物」の先に
広がっていく世界を
隠れている物語を
目には見えない、そこに潜む感覚を
言葉で表現した
熊本と京都での6日間。

私がずっと、惹かれていた
石原さんの綴る言葉を
いつかちゃんとした形で
お披露目できる場を一緒に作れたらと
半年ほど前に、ふと思いついたことが
こうして現実となりました。

PEOPLE代表の藤川さんをはじめ
素晴らしい言葉を添えてくれた
スタッフの石原さん
多くの方の力を集めて
ひとつの空間を創り上げる喜びは
何にも変え難い幸せで

また、そこへ来てくださる人達の
笑顔や、言葉、空気、温度が
握手の手の温もりが
森さんの作る音と共鳴し合い

全てが融合して
真っ白な空間が
さらに深く、澄んだ
マーブル模様みたいな
「白」に
なっていくような
日々変化しているように思える
いつまでも、いつまでも
そこに居たかった、空間。

明日で熊本は最終日
たくさんの方に
見届けてもらえることを
京都から 願っています。


京都展の詳細は
また改めてこちらでご案内します。

2013-02-12 | Posted in Information