日々 食べ物

IMG_8162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポートランドの夏もあと少しで終わり。
日に日に暑さも落ち着き、朝晩は冷える日も増えてきました。
ファーマーズマーケットに並ぶ、お野菜たちの変化が
季節の移ろいを知らせてくれます。
曇り空の日が続くと、ギラギラの太陽が恋しくなったり。
残りわずかの夏の楽しみを、逃すものかといわんばかりに、満喫しています。

今回は、日々食べるもの、食べ方、食材のことについて、書いてみようと思います。
我が家は子供が小さいので、外食は数えるほどしかしておらず
ポートランドに溢れる美味しいお店のご紹介、とはいかないのですが。

私は和食が好きなので、こちらで生活していても、ご飯、味噌汁、おかず!で
当初からやっていたのですが…何品も作るのに、すごく時間がかかります。
小さい子がいるご家庭なら尚更、大変ですよね。そして、夏は調理も暑い。
ずっと当たり前でやっていたから、あまり気にも留めていなかったのですが
定食のようなご飯を作る日々が、今ではすっかり減ってしまいました。
というのも、こちらでは気候のいい時期は、夜も明るいので
BBQでグリルして過ごす方が多くて。
私の中で、BBQとは、何かのイベントや、人が大勢集まる時やキャンプで
するもんだというイメージしかありませんでした。
それが、毎日のように、手軽にできてしまう。パラダイス!
また、グリルで焼いた野菜もお肉も魚介もほんと美味しくて。
ビールがすすんでしまう。これは、ほんと楽で楽しい夕食になるのです。
BBQのある日常。これがアメリカ式というのでしょうか。
あれだけ和食が好きだった自分が、すっかりBBQの虜になってしまいました。

そして、グリルで焼くだけというシンプルな調理法だからこそ
素材の良さも引き立つように思います。
オーガニックのお野菜や、自然放牧のお肉、天然のお魚など
New Seasons Marketというオレゴンで展開している自然食のスーパーで手に入ります。
このスーパーが、とにかく楽しくて、ほぼ毎日のように通っています。
生鮮品の他、デリコーナーや生活雑貨も充実していて、
行く度に新しい発見と、お店の方との楽しい会話が待っています。
ここで働く人達のホスピタリティを知ってしまうと
他のスーパーに行きたくなくなってしまうほど。
とにかく丁寧で、親切で、情熱に溢れている方が多くて、感動します。
いけばなのお花も、ここで手に入れています。
グルテンフリーや、ヴィーガン対応の食品の種類もとても多くて驚きました。
(日本ではまだあまり充実していないように思います)

ポートランドには、地産地消の意識が高い人達が多いというのにも頷けます。
どうやって作られたものか、どこからやってきた物なのか。
自分や家族が口に入れるものだからこそ
選ぶことにも、責任を持って選びたい。
全ての食べ物をオーガニック、とはいきませんが
安全で、身体に優しい、自然なものを選びたい、という意識は
この土地では、すごく浸透している気がします。
オーガニック素材で作られたピザや、ヴィーガンピザもあって
どれもほんと美味しい。
ポートランドは、食べ物が、美味しいですよー!(大声)

 

気候が乾燥しているため、すごく喉が乾きます。
みんな片手に飲み物を持って歩いていますが、それはそうせざるを得ない気候。
水を飲む機会が増え、それに比例するかのように、ビールを飲む頻度も増え…
(言い訳ですが、ポートランドには美味しいクラフトビールがたくさんあります!)
今までは、味わって静かに食べることが多かったのですが
手軽に、みんなで作りながら、飲みながら、食事を囲む楽しさを知りました。
そんな楽しみを教えてくれた、そしてビールの美味しさに気付かせてくれた
こちらの友人とファミリーに、心から感謝です。

 

暮らす土地が変わると、食べるものも、自然と変わる。
そこはきっと変わらないって、思っていたけど、すっかり変わってしまいました。
もちろん、うどんやそば、お寿司も食べるのですが。
食と気候は、とても密接な関わりがあるのだろうな。
食事はコミュニケーションツールのひとつで
どんな人と、どんなものを食べるのか。
大切な人と、楽しく頂く食事には、その土地その土地に合ったものがある。
小さな島国では感じられなかったものを
忘れないように、摺り込むように、味わう日々です。

2015-08-22 | Posted in Diary